みなさんこんにちは、板橋まごころ相続支援センターの中里です。
 
ここ最近は花粉症で、つらい日々をおくっております。
 
さて今回は、相続が発生した場合に行う可能性があります、「準確定申告」について書いていこうと思います。
 
➀ 準確定申告とは?
確定申告すべき人が年の途中で亡くなった場合、その年の1月1日から亡くなった日までの所得の申告で、相続人は、相続があった日を知った日から4ヶ月以内に被相続人の所得税の確定申告をしなければなりません。これを「準確定申告」といいます。
 
➁ 準確定申告が必要な人
・自営業者で青色申告の方
・自営業者の白色申告者で、所得が基礎控除額を超えている場合
・給与所得者で次のいずれかを満たしている者
  1. カ所以上から給与を受けていた場合
  2. 給与所得が2,000万円を超えていた場合
  3. 給与所得や退職所得以外の所得が合計で20万円以上あった場合
  4. 医療費控除の対象となる高額の医療費を支払っていた場合<申告は任意>
  5. 同族会社の役員や親せき等で、給与の他に貸付金の利子、家賃等を受けとっていた場合
 
➂ 準確定申告のスケジュール
通常の確定申告では翌年の3月15日までに確定申告すべきものですが、準確定申告の場合は、相続開始があったことを知った日から4カ月以内に準確定申告をしなければなりません。
 
➃ 準確定申告の手続き
(1)申告先
死亡した者の死亡当時の住所地を管轄する税務署
(2)申告者
相続人または包括受遺者(相続人が複数いる場合は、各相続人が連署で行います。)
(3)必要書類
・確定申告書
・確定申告書の付表
・給与や年金の源泉徴収票
・医療費控除のための領収書
・生命保険や損害保険の控除証明書
 ※場合によっては、この他の書類が必要な場合もあります。
 
今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.