こんにちは。板橋まごころ相続支援センターの高橋です。

 

昨日は火星が大接近しているということで、空を見上げると、南東の方角に赤い星が輝いていました。


 

相続財産が分割されていないときの申告について

 

[平成29年4月1日現在法令等]

 


相続税の申告と納税は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の死亡の時における住所が日本国内にある場合は、被相続人の住所地を所轄する税務署に行うことになっています。
 


 相続税の申告は、相続財産が分割されていない場合であっても上記の期限までにしなければなりません。


分割されていないということで相続税の申告期限が延びることはありません。

 

相続財産の分割協議が成立していないとき



 そのため、相続財産の分割協議が成立していないときは、
各相続人などが民法に規定する相続分又は包括遺贈の割合に従って財産を取得したものとして相続税の計算をし、申告と納税をすることになります。


 その際、相続税の特例である小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例や配偶者の税額の軽減の特例などが適用できない申告になりますので注意が必要です。


 また、民法に規定する相続分又は包括遺贈の割合で申告した後に、相続財産の分割が行われ、その分割に基づき計算した税額と申告した税額とが異なるときは、実際に分割した財産の額に基づいて修正申告又は更正の請求をすることができます。



 修正申告は、初めに申告した税額よりも実際の分割に基づく税額が多い場合にすることができます。
 

 更正の請求は、初めに申告した税額よりも実際の分割に基づく税額が少ない場合にすることができます。


ただし、修正申告と異なり、更正の請求ができるのは、分割のあったことを知った日の翌日から4か月以内となっています。
 

 なお、この修正申告又は更正の請求において上記の特例を適用することができますが、特例の適用ができるのは、原則として申告期限から3年以内に分割があった場合に限られます。


 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.