平成28年度税制改正

   資産家への影響は?

   ~相続に起因する空き家を譲渡した場合の特別控除の特例の創設等~

      平成28年度税制改正大綱では、資産家にとっても注目すべき改正案がいくつかありますが、
     それらの内、「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設」「建物附属設備及び構築物の
     減価償却方法のうち定率法の廃止」について解説します。

   空き家を譲渡した場合、その譲渡益から3,000万円の控除が可能に


      国土交通省の発表によると、賃貸・売却用以外の「その他の住宅」の空き家は平成25年にお
     いて318万戸となっています。その上、毎年約64,000戸増加しており、このまま空き家が放置
     されると周辺の生活環境への悪影響が出るとして、平成27年5月から空き家等対策推進法が
     完全に施行されています。改正案では空き家の最大の要因である「相続」に起因する古い空き
     家及びその敷地を有効活用するために、空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設が打
     ち出されました。
      相続によって取得した空き家を、一人暮らしだった被相続人が死亡した日以後3年を経過した
     日の属する年の12月31日迄に譲渡したときは、その空き家を譲渡して得た利益から3,000万
     円を控除することができる特例が創設されます。

   適用を受けるための要件等は?


   1   一人暮らしでなければならない
       この特例は空き家をなくすことを目的にしていますので、亡くなられた時点で一人暮らしの場
       合に限られます。老人ホームに入居されたことで空き家となり、その後亡くなられた場合は該
       当しません。

   2  昭和56年5月31日以前に建築された建物に限る
      対象になる建物は被相続人の居住の用に供していた昭和56年5月31日以前に建築された建
      物とその敷地に限られます。区分所有建築物は除かれ、建物を壊して敷地のみを譲渡するか、
      建物について耐震基準を満たすように耐震リフォームをしてから譲渡しなければなりません。最
      も、耐震基準を満たしている建物の場合には、そのまま譲渡しても特例が適用できます。

   3  相続から譲渡まで引き続き空き家でなければならない
      相続した後、その建物や建物を取り壊した後の土地を事業の用、貸付の用又は居住の用に供
      した場合には、この特例は適用できません。あくまでも相続から譲渡まで引き続き空き家でなけ
      ればならないのです。しかも「相続開始から譲渡まで空き家であったこと等」について地方公共
      団体の長などから証明する書類その他の書類の交付を受けて確定申告書に添付しなければ
      なりません。

   4  譲渡対価が1億円を超えるものは適用されない
      建物及び土地の合計譲渡価額が1億円を超えるものについては特例が適用されないこととされ
      ています。相続のときから譲渡をした日以後3年を経過した日の属する年の12月31日までの
      間に譲渡した場合には、1億円超かどうかを通算して判定することになります。

   5  相続財産に係る譲渡所得の課税の特例との選択適用
      相続した土地等を相続税の申告期限から3年を経過する日までに譲渡している場合には、相続
      税額の一部を取得費に加算して譲渡所得を計算することができる特例がありますが、「空き家に
      係る譲渡所得の特別控除の特例」は、この特例との選択適用となります。

   6  適用時期
      この特例は平成28年4月1日から平成31年12月31日までの譲渡の適用されます。相続の時
      から相続開始日以後3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡とされていますので、
      平成25年1月2日以後の相続分について、平成28年4月1日以後の譲渡から適用できるものと
      考えられます。

   建物附属設備及び構築物の減価償却方法のうち定率法の廃止


      建物の減価償却費は定額法しかできませんが、電気設備、水道設備、ガス設備などの建物附
     属設備や外構、植栽、ゴミ置き場などの構築物の減価償却は定率法を採用することができます。
     定率法は定額法より早く償却することができますので、節税対策の一つとして利用されています。
      しかし、平成28年4月1日以後の取得分から、建物附属設備や構築物の減価償却の方法が
     定額法しか適用できなくなるとされています。なお、リース期間定額法や取替法などは存置する
     こととしています。






無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.