こんにちは、板橋まごころ相続支援センターの佐藤です。
 
相続 遺言について➂
今回は自筆証書遺言です。
 
自筆証書遺言とは
  自分で紙に書き記す遺言書のことで、最低限紙とペンと印鑑だけあれば、誰でも気軽
に作成が可能で費用も掛からないのです。
 遺言書の改ざんがないことを確認するため、家庭裁判所の検認が必要になります。
 
 作成方法
  ・全文を自筆で書くこと
    遺言書に使用する紙やペンに決まりはありません。できれば、改ざんされないよう
   にボールペンか万年筆を使用します。
 
  ・日付を必ず記入
    日付は西暦であれも元号であれ使用できます。
    例: 〇 平成29年1月1日
       〇 平成29年1月末日
       〇 2017年1月1日
       〇 遺言者の60歳の誕生日
 
       × 平成29年1月
       × 平成29年1月吉日
 
   ・署名すること
     戸籍上の氏名
 
   ・押印すること
     印鑑は、実印、認印どちらでも問題ありません。拇印はお勧めしません。
 
次回は、公正証書遺言についてお知らせいたします。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.