今日は、前回お話した不動産の相続登記に関連するもので、相続が発生した際の手続きの一つである「抵当権の抹消」についてお話します。

 

  土地建物を購入するにあたり、多くの方は住宅ローンを組まれると思います。

その際、住宅ローンの条件のひとつとして団体信用生命保険に加入していると思います。


 この団体信用生命保険は、住宅ローンを組んだ方が被保険者に設定されています。

その方が亡くなった場合、住宅ローンの残債は死亡保険金で支払われるので、遺族の方がローン返済に苦しむといったことがありません。


 住宅ローンには銀行の抵当権(銀行側の権利)が付いていますので、死亡保険金でローン残債が支払われたら抵当の抹消登記をすることになります。


 抵当権の抹消登記には期限なるものはありません。

この点は前回お話した不動産の相続登記と同じです。

 しかし、速やかに抹消登記をしないと、不動産の相続・売却の際に弊害が出てきます。


 抹消登記は、抵当権者たる銀行との共同申請なので、一般的には完済になると銀行から申請に必要な書類一式をもらえます。


相続登記同様、専門家に依頼するなどして、早めの申請を心掛けましょう。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.