こんにちは、板橋まごころ相続支援センターの渡部です。

 

今回は、相続が発生した際の手続きの一つである「生命保険金」についてお話します。



 亡くなった者が生命保険に加入していた場合、まずは保険証券を見て、保障内容を確認しましょう。


保険金受取人は保険会社に保険金請求書類を提出。

必要となる添付書類としては、保険証券・医師の診断書・被保険者の住民票・受取人の戸籍謄本・印鑑証明などです。


その後、保険会社による審査を経て、保険金の支払いが行われます。


死亡保険金の請求期限は3年ですので、保険事由が発生したときは早めの続きをしましょう。




 ここで、死亡保険に係る税金についてもお話します。

 死亡保険金は、その契約内容によって税金が違ってきます。

 例えば、夫が亡くなった場合では、次のようになります。


 保険契約者(夫)被保険者(夫)保険金受取人(妻)=相続税

 保険契約者(妻)被保険者(夫)保険金受取人(妻)=所得税

 保険契約者(妻)被保険者(夫)保険金受取人(子)=贈与税



このように同じ保険金でも申告すべき税金が違いますので、自分の契約している保険がどの様なものかを家族内で話し合っておくことも大切です。

 

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.