こんにちは。


まごころ相続支援センターの神田です。


このブログでは、相続や贈与の基本的考え方と仕組など、簡単に分かりやすく書かせて頂いております。
 

 


 今回は、遺産分割後に遺言書が見つかった場合についてです。
 


遺産分割協議が終った後に遺言書が出てきた時、以前に行った遺産分割の効力が問題になります。


以前行った遺産分割協議は無効で再度やり直さなければならないのか?それともやり直す必要はないのか?
 


この件について、平成5年12月13日に最高裁で次の判例が示されました。


「遺言の存在を知らないで行った遺産分割協議は、要素の錯誤により常に無効になるとはいえない」。簡単に言うと、もし後から見つかった遺言の内容を知っていたなら、以前に行った遺産分割の協議には合意することが無かったと思われる場合は、当該遺産分割協議は無効になるということです。
 


 つまり、遺言の内容によって、遺言があったなら私は遺産分割に同意しなかったと相続人の誰かが納得しない場合、過去に行った遺産分割協議は無効になるということです。
 


 逆に、遺言の内容と遺産分割協議の内容が異なっていたとしても、相続人全員が従前の遺産分割協議の内容のままで良いと合意するなら、過去に行った遺産分割協議は有効ということです。
 


しかし、遺言執行者が指定されている場合、相続人は遺言執行者の執行を妨げる事はできませんので、遺言の内容通りの執行がなされる可能性はあります。


この様なケースに遭遇しましたら、専門家にご相談なさって下さい。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.