こんにちは、板橋まごころ相続支援センターの渡部です。

 

今回も引き続き、相続が発生した際の手続きの一つである「生命保険金」についてお話します。




 前回は、生命保険金の請求や課税関係についてお話しましたが、

生命保険契約の中には被保険者が被相続人(死亡した人)でない場合があります。



例えば、保険契約者(夫)  被保険者(妻)  保険金受取人(夫) というケースです。



この場合、夫が死亡したとして、被相続人は保険契約者として保険料を支払っていたが、被保険者が被相続人ではない人なので、当然ながら死亡保険金は支払われません。


 しかし、保険契約の権利が残ったままなので、遺言や相続人間の話し合いにより、保険契約の名義変更手続きや解約手続きをします。


 この生命保険契約に関する権利は、原則、相続発生日時点の解約返戻金相当額が相続税申告の対象となります。


死亡保険金が給付されていない為か、申告洩れとなりやすい財産のひとつですので、日頃からどの様な生命保険契約をしているのかを家族で話し合っておくとよいでしょう。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.