こんにちは、板橋まごころ相続支援センターです。
先月は、人が亡くなってからの大まかなスケジュールについてお話しましたが、今月からは、そのスケジュールに係る手続きを項目ごとに細かくお話していきます。
 人が亡くなったら、どのような手続きをしなければならないのでしょう。
 まずは、医師から「死亡診断書」を受け取り、「死亡届」を死亡から7日以内に、故人の本籍地・死亡地・届出人所在地のいずれかの市区町村役場に提出します。この「死亡診断書」と「死亡届」は一枚の用紙になっています。
 手続きができる人は、親族・同居者・家屋管理人です。届出人が記入すれば、葬儀社が提出を代行してもくれます。
市区町村役場では、死亡届と一緒に埋火葬を行うための申請をし、「埋火葬許可証」の交付を受けます。これが無ければ、埋火葬はできません。
次に、この「埋火葬許可証」を火葬場に提出、火葬が終わると、「埋葬許可証」として返却してくれますので、納骨時にお寺へ提出するまで保管することになります。
また、亡くなった人が世帯主であった場合、「世帯主変更届」を14日以内に市区町村役場へ提出する必要がありますので、ご注意ください。
今後も、皆様のお役に立てるように、人が亡くなった後の手続きについてのお話をしていきますので、ご期待ください。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.