贈与税ってどんな税金?


      
 Q 妻と子供に財産をあげると贈与税がかかると聞きましたが、贈与税はどのような税金ですか。     
 
 A 贈与税は、個人から金銭、不動産等の財産をもらったときに、もらった人(受動者)が納める税金
す。  
  
 相続や遺贈で財産を取得した時には、その財産に相続税が課税されます。しかし、生前に、妻や子供に財産を贈与
すれば、その分相続財産が少なくなるので、相続税の課税がなくなるか又は課税になっても少ない税負担で済むこと
になり、生前に財産を贈与することにより財産を分散した場合とそうでない場合とでは、税負担に不公平が生じること
になります。

 そこで、生前贈与に対する課税を行い、財産の相続時にかかる相続税と比べて、贈与税は、基礎控除額や税率面
での負担が重くなっています。これは、生前贈与によって財産を計画的に分散し、意図的に相続税の軽減を図ること
を防止するためです。
 
 ■基礎控除額と税率の比較

  贈与税 相続税
基礎控除額      贈与を受けた人について
     1年につき  110万円
 遺産総額について
 3,000万円+(600万円×法定相続人)
税率      200万円以下・・・10%
    3,000万円以下・・・55%
  1,000万円以下・・・10%
     6億円超・・・・・55%

贈与税に関するQ&A

 
 相談内容 
 
 生前の贈与にはメリットがないの?  
 
 Q 生前の財産贈与に対する贈与税は、財産の相続時にかかる相続税と比べて、贈与税は税率面で負担が重くなっているそうですが、生前贈与はメリットがあるのですか。
 
 A 贈与税は、1年間に贈与を受けた財産に課税される「暦年課税」と一定の要件のもとで選択できる「相続時精算課税」があります。
   暦年課税の基礎控除額や相続時精算課税を上手に利用することで、税額の軽減が出来る事があります。
   また、相続時におこりやすい相続人間の遺産を巡る争いを事前に防止できるメリットがあります。
   生前贈与を上手に利用すれば「争族の防止」や「税額軽減」が期待できます。
   

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.