相続の豆知識

基礎控除額

みなさんこんにちは、板橋まごころ相続支援センターの中里です。
 
みなさんは平成27年1月1日から相続税が大きく変わったことをご存じでしょうか?
最近ではTVや雑誌など多くのメディアで取り上げられているので、中には耳にしたことがあるという方もいらっしゃると思います。
ただ、「相続税が大きく変わるとは聞いたけど、具体的には何が変わるの?」と内容についてはよく分からない方も多いと思います。
という訳で、今回は平成27年からの相続税の変更の中でも特に大きな変更である、【基礎控除額】の縮小について書いていこうと思います。
 

基礎控除額とは?

基礎控除額とは、相続税の計算をするにあたって財産の金額から控除することができる金額です。
財産の合計金額がこの基礎控除額よりも低い場合には、相続税はかからないことになります。
 
この基礎控除額が27年前後で次のように変更となりました。

平成26年まで
5,000万円 + (法定相続人 × 1,000万円)

平成27年以降
3,000万円 + (法定相続人 × 600万円)
 
 
では、御両親とお子様1人の家族で、お父様が亡くなった場合は基礎控除額がいくらになるか計算してみましょう。
(この場合の法定相続人は、奥様とお子様の二人です)

平成26年まで
5,000万円 + (2人 × 1,000万円) = 7,000万円

平成27年以降
3,000万円 + (2人 × 600万円 ) = 4,200万円
 
上記の計算式を見ると、27年以降は以前と比べて基礎控除額が 2,800万円も減ってしまっています。
また、都内に土地と住宅をお持ちの方ですと、それだけで基礎控除額の4,200万円を超えてしまい税金がかかってしまう可能性あるのです。

都内では今後、相続財産が基礎控除額を上回る人の割合が50%を超える(今までは約25%)と言われています。
そういったことからも、これからは生前の相続対策がよりいっそう必要となるでしょう。
今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.