贈与税に関するQ&A

 

贈与税ってどんな税金?

     
Q 妻と子供に財産をあげると贈与税がかかると聞きましたが、贈与税はどのような税金ですか。     
 
A 贈与税は、個人から金銭、不動産等の財産をもらったときに、もらった人(受動者)が納める税金です。  
相続や遺贈で財産を取得した時には、その財産に相続税が課税されます。
しかし、生前に、妻や子供に財産を贈与すれば、その分相続財産が少なくなるので、相続税の課税がなくなるか又は課税になっても少ない税負担で済むことになり、生前に 財産を贈与することにより財産を分散した場合とそうでない場合とでは、税負担に不公平が生じることになります。

そこで、生前贈与に対する課税を行い、財産の相続時にかかる相続税と比べて、贈与税は、基礎控除額や税率面での負担が重くなっています。
これは、生前贈与によって財産を計画的に分散し、意図的に相続税の軽減を図ることを防止するためです。
 

基礎控除額と税率の比較

zouyoqa.PNG
 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.