こんにちは、板橋まごころ相続支援センターの佐藤です。
 
相続 遺言について➃
今回は公正証書遺言です。
 
公正証書遺言とは
 遺言者が公証人へ口頭で遺言の内容を伝え、公証人が遺言書を作成します。相続手続
きをする際に、家庭裁判所の検認は不要となります。
 遺言書の原本は公証人が保管し、作成するときには、公証人への手数料と、証人2名
の選任を依頼した場合、証人への手数料が必要となります。
 公正証書遺言は、公証人と証人がいるので、無効や偽造のおそれがありません。遺言
書としての確実性を求めるなら、公正証書遺言をお薦めします。
 
作成方法
・ 公正証書遺言を作成するのに必要な書類
   ➀ 遺言者の印鑑証明
   ➁ 遺言者の戸籍謄本
   ➂ 遺言者の住民票
   ➃ 財産目録を作成する資料
       固定資産税評価証明書・不動産登記簿謄本など
 
・ 証人になられる方2名を付ける
   司法書士・弁護士等
  不適切な人(自分で判断できない、遺言内容によって損得する人)
  未成年者、遺言者の推定相続人、受遺者、配偶者、直系親族、4親等内の親族
  公証人の配偶者
 
・ 遺言者が公証人へ口頭で遺言の内容を読み聞かせ、公証人がそれを録取して作成
   事前に、内容の打合せをして公証役場で、証人立会いの下、遺言者が公証人へ
 口頭で遺言の内容を読み聞かせます。(手話、筆談によって作成することもできます。)
 
・ 遺言書へ遺言者と証人2名が署名捺印をします。
   署名できない場合、公証人によって理由が付され署名に代えることができます。
 
・ 公証人が署名捺印をする
   公証人の署名捺印で公正証書遺言は完成します。
   原本は、公証役場で保管、遺言者に謄本が交付され、手続きは完了します。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.