(相続・贈与の基本的考え方と仕組)
 


⑤相続人になるのは誰か(4)

 こんにちは。


板橋まごころ相続支援センターの神田です。

このブログでは、相続や贈与の基本的考え方と仕組など、簡単に分かりやすく書かせて頂いております。



前回までは、相続人になるのはまず配偶者、子供そして代襲相続というところまででした。



今回は、被相続人に子も孫もいない時、又は子や孫がいても全員が相続放棄している時、どうなるかについて書かせて頂きます。




被相続人に子も孫もいない時、又は子や孫がいても全員が相続放棄している時には、相続人になる子がいないことになります。


相続人となるべき子がいない為、血族相続人の第2順位である親が相続人になります。



配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人になりますので、被相続人に配偶者がいて、子がいない場合、配偶者と親が相続人になります。



高齢化社会の今、この形の相続も増えていくのではないかと思われます。



生前対策はお早めに検討なさって下さい。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.