(相続・贈与の基本的考え方と仕組)
日時 平成29年01月
題名 ②相続人になるのは誰か
 
 こんにちは。板橋まごころ相続支援センターの神田です。このブログでは、相続や贈与の基本的考え方と仕組など、簡単に分かりやすく書かせて頂きたいと思います。
 今回は、相続人には誰がなるのかについて書かせて頂きます。
相続人は、必ず被相続人の親族から選ばれることとなっています。民法では、親族の範囲を“配偶者”“6親等内の血族”及び“3親等以内の姻族”としています。一般的に相続順位のパターン等が記されておりますが、この親族の中でも誰が相続人になるのか考える判断基準は、①誰が被相続人の財産形成に貢献したか ②被相続人の死亡後、相続財産により守られる人は誰か という2点となっています。この2つの観点から考えれば、まず被相続人の配偶者が常に相続人になります。因みに、配偶者とは婚姻届出書を提出した配偶者のことをいい、内縁関係の人は配偶者にはなりません。
相続財産の形成には、配偶者も大きな役割を果たしていること、その財産の中には配偶者の部分も含まれていること、そして被相続人の死亡後配偶者の生活の安定が図れられるべきであることから、まず配偶者が相続人になることとなっています。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.