今日は、私どもが行っている相続の無料相談会でのお話をします。
 


 相談会では様々な相談を受けますが、その中でも複数の相談者から、自分が亡くなった後の残された家族の相続トラブルを防ぎたい、この財産は誰々に継いでもらいたいと言った内容が毎回のように出てきます。
 


 このような不安を解消する手段として、遺言が効果的です。
 


 そもそも遺言は、財産の処分につき遺言者の考えを実現させるものですが、一方で残された家族の相続トラブルを回避するということも期待できます。
 


 遺言には、いつくか種類がありますが、一般的なものとしては、自筆証書遺言公正証書遺言があります。
 


公正証書遺言は、公証人役場へ行き遺言内容を口述すること、証人2人が必要であることといった手間や費用は掛かりますが、紛失・偽造・検認手続がなく、遺言内容が無効になることもりません。


自筆証書遺言は、あまり費用も掛からず手軽ですが、法的に無効になることがあります。
 


それぞれ長所短所がありますが、私どもは公正証書遺言をお勧めしています。


後日の相続税申告を見越した遺言のアドバイスを受けながら、争いを防ぐ効果的な遺言書の作成をお手伝い出来ますので、お気軽に事務所までご連絡ください。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.