今日は前回に引き続き、相続が発生した際の所得税の手続きの一つである「被相続人居住用財産(空き家)の譲渡特例」をお話します。
 


その中でも、特例を受けるための必要書類の一つ「被相続人居住用家屋等確認申請書の承認」についてお話します。
 

被相続人居住用家屋等確認申請書の承認


この書類は、被相続人が生前暮らしていた市区町村に対し、相続人が提出して承認を受けるものです。
 

私の場合、家屋を取壊して、その敷地を譲渡するケースの申告を行いましたが、その際に必要となった書類は次のとおりです。
 


 ①被相続人の除票住民票の写し
 

 ②被相続人居住用家屋敷地の譲渡時の相続人の住民票の写し
 

 ③敷地の売買契約書の写し
 

  取壊し工事契約書の写し
 

 ④電気・ガスの閉栓証明書または水道等の使用廃止届出書
 

 ⑤家屋取壊し時から敷地譲渡時までの被相続人居住用家屋の敷地使用状況が分かる写真
 

 ⑥家屋取壊し時から敷地譲渡時までの敷地における相続人の固定資産税の課税明細書
 


以上のように、なかなかの手間が掛かる申請書です。
 

また、役所の方曰く、役所内でも承認確認に時間が掛かると言っていましたので、早い時期から準備するといいでしょう。
 


 相続によって空き家を取得した方には注目の特例ですので、ご不明な点は弊社にご相談ください。
 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.