こんにちは、板橋まごころ相続支援センターの渡部です。


今回は、相続が発生した際の手続きの一つである「所得税の準確定申告」についてお話します。

 

所得税の準確定申告について



 亡くなった者に一定の所得があった場合、相続人はその年の1月1日から死亡日までの所得について、相続開始日から4か月以内に被相続人の住所地を管轄する税務署に申告します。

前年分の申告をしないまま亡くなった場合は、その年分も合わせて申告することになります。


この手続きを「準確定申告」と言い、相続人が複数いる場合は連署で申告・納税します。


準確定申告が必要となるケースは、個人事業者であった、不動産収入があった等の場合であり、

公的年金収入(400万円以下)のみの者、会社で年末調整を受けた者の場合は申告不要です。



ただし、医療費控除を受けることによって税金の還付を受けたい場合は申告が必要となります。

なお、医療費控除をする場合は、死亡日までに支払った分が対象になりますのでご注意ください。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.