こんにちは。

板橋まごころ相続支援センターの高橋です。

5月になり、ますます暑くなりましたが、おでんが食べたくなり、新玉ねぎ入りのおでんを作りました。
 

新玉ねぎは柔らかくて甘く美味しかったです。

 

 

子供が、受け取った父の保険金を、子供と母とで分けた場合の税金はどうなるのでしょうか。

 

 [平成29年4月1日現在法令等]

 

Q

   夫の死亡保険金の受取人が子であったため、子が一旦生命保険金を受け取った後、妻である私と話し合って分けることとしましたが、税金がかかりますか。



 

A

子からあなたへの贈与となり、贈与税の課税対象となります。

被相続人が保険料を支払っていた生命保険金は、相続税法上のみなし相続財産であり、本来の相続財産ではないため、遺産分割の対象とはならず、契約上の受取人が、相続又は遺贈により取得したとみなされ相続税の課税の対象となります。


したがって、契約上の受取人以外の人が保険金を受け取った場合は、その人は、その契約上の受取人から贈与により取得したことになります。

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.