みなさんこんにちは、板橋まごころ相続支援センターの中里です。
 


今回は遺言書があった場合でも相続財産の少ない相続人から請求される可能性のある「遺留分」について書いていこうと思います。


 

「遺留分」とは?

 

遺言によって相続人に財産を残す割合は、法定相続分によって財産を残す割合より優先されます。
 


しかし、相続人の利益を保護する観点から、一定の財産を取得する権利である「遺留分」が認められているのです。
 

したがって、相続人が遺言により財産を取得しようとしても、他の相続人が留分の権利を主張すれば、遺留分に相当する額の遺言は認められません。
 

この遺留分の額は、法定相続分の1/2となっています。
 

よって、相続人が誰になるかによって次の様に遺留分が異なります。

 

① 相続人が配偶者のみの場合
 

配偶者:1/2

② 相続人が配偶者と子供の場合
 
配偶者:1/2×1/2=1/4

子供 :1/2×1/2=1/4

③ 相続人が配偶者と父母の場合
 
配偶者:2/3×1/2=1/3

父母 :1/3×1/2=1/6

 

この様に相続人は自分の財産の権利を主張できる訳です。


(財産を家族円満に分配できることが一番ですけどね!)

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
無料相談会実施中! 受付時間:平日9:00~18:00相談時間:平日10:00~19:00休日相談:土日祝日は応相談お気に入りに追加料金表スタッフ紹介アクセス

Contents menu

事務所概要

アクセスマップ
板橋区志村坂上より徒歩1分

対応エリア
板橋を中心に関東全域相続相談
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.