• HOME
  • 生前贈与する

生前贈与

生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。

しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。

ですから、相続に強い税理士に相談することが大切です。
では生前贈与を行う前にしっかりと理解を深めておきましょう。
person1.png

 

生前贈与の方法と注意点    詳しくはこちら>>

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。
これによって、相続税を節税することもできます。
ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。

 

暦年贈与と連年贈与    詳しくはこちら>>

生前における相続税節税は、暦年贈与や連年贈与が効果的です。
どのような特徴があるのかを、贈与する前にきちんと理解しておきましょう。

 

夫婦間贈与(おしどり贈与)   詳しくはこちら>>

結婚して20年以上になるご夫婦の場合、ご自宅やご自宅の購入資金の贈与を考えてみてはいかがでしょうか?贈与税の配偶者控除とは、ご夫婦間でご自宅やご自宅の購入資金を贈与した場合、贈与税が最高2,110万円まで非課税となる制度です。 

 

贈与税   詳しくはこちら>>

贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものを譲り受けた時にかかる税金です。
また、実際の価値よりも著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったりした時にも贈与税は適用されます。

 

相続時精算課税   詳しくはこちら>>

相続時精算課税制度を用いると、特定の条件下で2500万円まで贈与税がかからなくなります。
相続税が多額になることが生前に分かったら、相続時精算課税制度を検討してください。
ただし、制度を適用するとできなくなることもありますので、確認が必要です。

 

贈与と相続どちらが得か?   詳しくはこちら>>

贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります。
生前に贈与することで節税をと考える場合、贈与分岐点を活用することで、
将来相続税評価額が高くなると思われるものを評価額が低いうちに贈与することができます。

 

贈与税非課税枠の拡大   詳しくはこちら>>

2010年より親から住宅取得資金として贈与を受ける場合の非課税枠の特例が従来の500万円から1,500万円まで拡大しました。また住宅取得資金の贈与に関する相続時精算課税制度から特別控除の上乗せを廃止することとしています。これにより、子供や孫への住宅取得資金の贈与について、一定の条件を満たすことで1,500万円まで課税されないということになりました。

 

 

 


 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.