• HOME
  • 代理人を立てる

代理人を立てる

遺産分割協議には、相続人全員の承諾が必要です。

ただし、相続人の中に認知症などにより判断能力が不十分な方がいる場合や、未成年者が含まれている場合は、法律で定められた制度を利用して代理人を立てる必要があります。

詳しくは下記よりご確認ください。

 

 

成年後見   詳しくはこちら>>

相続人の中に知的障害、精神障害、認知症などで判断能力が十分でない方がいる場合、その方が不利益を被らないように、家庭裁判所に申し立てをして法律的に支援してくれる人を選任してもらう制度のことを「成年後見制度」といいます

 

特別代理人   詳しくはこちら>>

相続人の中に未成年者がいる場合や、後見人と被後見人がいずれも相続人となる場合には、代理人を立てる必要があります。

ただし、
相続人の中に未成年者の父母が含まれている場合は、父母を未成年者の代理人とすることができませんので、利害関係の生じない親族や第三者などを特別代理人として選任する必要があります。

 

 

 

相続手続き・相続税申告に関する基本的な知識をまとめました

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

専門家紹介

お客様の声

 
Copyright (C) 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.